借金返済の見通しついてますか?

借金返済の見通しついてますか?

2016/09/24 16:32:24 |

借金に困っている人はたくさんいます。
借金のせいでどうしようもなくなり、悩んでいる人もたくさんいるでしょう。
しかし、こうした借金問題で悩んでいる人はまずは弁護士などに相談することをお勧めします。
こうした借金問題は自分たちで解決できるものではありませんし、また素人が借金に関する手続きをするのにもとても難しいと思います。
法律のプロに相談するのが一番適切な方法だといえるでしょう。
ですので、こうした借金問題を解決するのにはまずは、こうした債務整理に関する無料相談などを行ってみることが大切です。
まず、借金には債務整理と言う方法があります。
その人の借金の状況にもよりますが、過払い金請求などで借金が減ったり、また自己破産などで借金をなくすということも可能です。
自己破産と言うとあまりイメージがよくないかもしれませんが、自己破産の場合、借金がなくなりますのでそこから再出発することも可能です。
車や家などの資産はなくなりますが、自己破産をして、借金が亡くなりそこからやり直すことが出来たという人も多いです。
また、債務整理は自己破産だけではなく、任意整理や民事再生といった方法もあります。
借金の額がそんなに多くないのでしたら、任意整理などがおすすめですよ。
ですので、借金で苦しんでいる方は、こうした債務整理などを行って今の借金問題を法律でスムーズに解決することをお勧めします。
そこで、1つおすすめのサイトをご紹介したいと思います。
こちらのサイトでは、実際に債務整理した体験談や減額された金額などを公開しています。
また、現在の借金がどれだけ減額できるかの便利なサイトの案内もしていますので、債務整理を考えている人なら、かなりおすすめのサイトですよ。

借金が払えないなら楽な方法を選びませんか?返済できないなら…

2016/09/11 11:21:11 |

小さな飲食店を経営している男性(38歳)です。
基本的には、細く長く経営しようと思っているので、あまり派手な販促などは打たず、基本的に常連さんの売り上げで毎月多少の利益を出せるレベルで経営しています。
その時に1番コストとして大きいのは、仕入れです。ですので、毎月の売り上げ予測をシビアに出して、それに基づいて、ほぼ毎日の細かいサイクルで仕入れ発注しています。
しかし、その売り上げ予測が大きく外れることがあります。ちょうど今年の夏がそうでした。いつも夏休みは売り上げが大きいので、それなりの仕入れをして、品切れがないように、チャンスロスがないようにしているので、今年もそうしたのですが、今年はなぜか、集客が振るいませんでした。
なぜか、と書きましたが、1つはオリンピックの影響で飲食店に来るよりは家でTV観戦をする人が多かったことと、意外な長雨に見舞われて、来店のモチベーションが下がったことが原因だと思います。
しかしその来店客をベースに仕入れ、その売り上げを勘案して仕入れの支払いを予定していたので、この予測を外したことは大きく経営に影響しました。具体的には、仕入れの支払い分を売り上げで賄えなくなったのです。
それで、基本的には無借金で経営することがポリシーでしたが、支払いの費用でちょうど100万円カードローンで銀行から借りました。これを、毎月の利益の中から返していかなければならないので、かなり薄氷を踏むような経営になって、私にとっては大きなストレスになっています。でも、借りられなければ、この小さな店がつぶれてしまいますので、借りられただけでも良しとしなければならないと思います。

2016/08/11 13:20:11 |

借金をすることが良くないという風潮もありますが、一概にそう決めつけていてはチャンスもみすみす逃すことになりはしないかと思いますね。
例えば、土地や建物などが抜群のタイミングで売りに出されているのを見た時、恐らくはここが底値だろうと思えば一気に勝負に行く勇気や度胸も必要です。しかしそれらが兼ね備えられていても、肝心のお金が無ければ行動に移すことはできません。そこで必要になってくるのが借金なのです。
また、これは事業を興す、運営する場合にも同様のことが言えるでしょう。物事には必ずベストなタイミングというものがあり、その期を逃してしまうことで後々のチャンスも全て潰えてしまうということがあります。それって先見の明があって、さらに優れたビジネスの嗅覚があったのにもったいないことですよね。しかし借金は良くないのだという感情に捉えられてしまうと、このような絶好機も逃してしまうことになるわけです。
ただし、何の目的も無く借金をすることはいけませんがね。やはり借金とは、必ず将来返済しなければいけないものになります。他人のお金だという認識でいてしまうと、どうしても返済するのが面倒であり熱心にも出来なくなりますよね。しかし、その借金は相手方があなた自身を信用して、必ず返済してくれるものだと感じたからこそ貸してくれたものになります。その想いを裏切るということは、生き様としても褒められたものではありません。そのためにも、必ず借金をする目的、そして返済をする計画を立てた上でお金を借りるようにするべきですね。

2016/07/10 18:03:10 |

人生にはお金が必要ですが、急な出費があるとどうしても足りなくなってしまうことがあります。
そういったアクシデントに関しては医療費などの支払いがあると思いますが、自分も含めてよくある話みたいです。
大まかに言うと医療費を払うために借金をしたなどの話になりますが、自分の友人に関しては医療ローンというものを組んだせいで支払いがとても大変になったみたいです。
まあ美容関係での自己負担の治療であったということで、それで勧誘などに押し負けてしまって医療ローンを組んだということで、利息的には消費者金融と同等レベルのものだったという話みたいですね。
金額はまあ30万円ほどみたいで、毎月の支払いがとても大変そうだという話は聞きました。
自分に関しても医療費に関しては急な入院ということで支払いが10万円ほどかかってしまいましたが、その時は貯金も尽きていたので、それでクレジットカードのキャッシング枠を使ってなんとか支払いをしました。
後から高額医療費の制度を知ったので、ある程度は返還されたので良かったのですが、それでも利息分はしっかりと増えましたし返還分を支払いに回してもいくらか返済が残ってしまったので、これも返済が精神的に辛かったなという思いはありました。

2016/06/11 18:35:11 |

家電製品の購入や車検などで費用が重なってしまい生活費が足りなくなってしまいました。そのため生活費を補てんするために消費者金融にキャッシングの申し込みをする事にしました。

 

消費者金融はネットの口コミでアコムとプロミスの評判が良かったのでキャッシングを申し込むのはどちらかにしようと思いました。それで自宅近くにプロミスの自動契約機が設置されていたのでプロミスにキャッシングの申し込みをする事にしました。

 

プロミスの自動契約機に入る時にまず周囲に人がいない事を確認してから中に入りました。それで設置されていた機械を操作しながら申し込み手続きを進めていきました。その時に備え付けられている電話で分からない事をオペレーターの方に質問出来たのでスムーズに手続きが出来ました。契約が完了したらその場でカードが発行されたのでその後すぐにATMで5万円を借りました。

 

申し込みから借り入れまで1時間半ぐらいでしたので手軽にお金を借りる事が出来るんだなと思いました。そのためお金に困ったときにはすごく便利だと思いますが、あまり借金をしているような感覚がないので借り過ぎてしまいそうだなとも思いました。そのため消費者金融を利用する時は借金をしている自覚を持たないといけないと思いました。

2016/04/25 14:17:25 |

最初は軽い気持ちでキャッシングしていたのが、気が付けば毎月返済しきれないくらいの借金を抱えてしまい途方にくれている人もいることでしょう。多重債務に陥ってしまった場合、法律の専門家に相談して、債務整理を考えてみてはいかがでしょうか。

 

債務整理にはいくつかの種類があります。まず一番よく耳にする方法が「自己破産」でしょう。裁判所を通じて借金を全額免責されるのが自己破産です。自己破産する場合、資産とみなされるマイホームは手放さなければなりません。マイホームを維持したいために自己破産をためらっている人には「個人再生」という債務整理の方法があります。個人再生は借金の額を5分の1程度に圧縮することができます。減額された借金を3年から5年に渡って返済することで、残債が免責となります。マイホームを持ちながら返済することができることが特徴だと言えるでしょう。ただし、決まった額をきちんと返済していく必要があるので、一定の収入があることが必要です。自己破産、個人再生ともに裁判所を通しての手続きとなりますが、裁判所を通さない債務整理の方法に「任意整理」があります。賃金業者と話し合い、元金だけを3年から5年にかけて返済していく方法です。

 

様々な債務整理の方法があるので、まずは無料相談で法律の専門家に相談しに行くことをおすすめします。

2016/03/20 12:57:20 |

クレジットカードやカードローンを多様して、状況によっては返済できないようになってしまう事もあります。借金の額が多くなってしまったり、借金をしている状態で職を失ってしまったら当然ながら、返済が困難になってきます。
そこで、どうしても返済できないような状態になったら、債務整理をするというのも1つの方法になってきます。債務整理にもいくつかの種類がありますけど、利息が減ったり、借金が減額されます。もちろん、債務整理によっては手続きをきちんとする必要があります。
また、自己破産になってきますと、金融業者から借りた借金を返済しなくても良い事になります。債務整理をする場合は、弁護士に相談して行っていくようにします。
もちろん、債務整理をすると、しばらくの間、カードローンやクレジットカードが利用できないなどのペナルティがあります。ですので、その点に関しても、しっかりと把握した上でこの制度を利用するようにします。
債務整理をしますと、借金において楽になるというのはたしかです。ですので、借金で苦しんでいる人にとっては、メリットもあるものです。
債務整理は種類がいくつかありますので、自分に適したものを選択する事が大事になってきます。

2015/12/30 17:07:30 |

借金と聞いて、あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか。
お金を借りること自体、マイナスイメージを持ってしまうかもしれません。
何も考えず、ただ欲望が赴くままに借金をしてしまえば、ただお金を浪費しただけになってしまって、何も残らないのも事実です。
しかし、それを浪費では無く「自己投資」に変えると、実は借金もマイナスにはならないのです。
例えば、新たなスキルを身につけてそれをお金稼ぎのタネとするために借金したお金を使うとしたらどうでしょうか。
スキルアップという観点から見ると、有効なお金の使い方と言えると思われます。
あるいは、新しく事業を興す際に必要な資金を賄うため、お金を借りるということもあるでしょう。
しっかりと目的を持って借金することで、実は自分への投資にもなりうるのです。
実際、学費や試験の費用に充てる人はたくさんいらっしゃいます。
一時的に多額の費用が必要になるものの、それによって新しいステージに行けたり
飛躍的な成長を遂げることができたなら、それは素晴らしいことですよね。
ただ、自分の欲求を満たすだけなら借金は無駄になるどころか自分を追いつめることになり兼ねません。
しかし、自己投資として活用し、あとでそれをしっかり回収し、さらに利益が産まれるのならプラスをもたらすことになります。
このように活用してみることを考えてみるのもいいと思います。

2015/07/04 14:38:04 |

お金の話題があると気になるのが現実です。実際に自分がお金がないと借金をするような道に行きます。それを回避するために必要なのがお金を管理していくことです。
お金を出すという場面は現実では多くなります。特に仕事関係でお金を必要以上に迫られることがあります。そういったことを繰り返して借金をする人間は多いです。そこには現実社会の難しいビジネスの問題が関わっています。
その他にも仕事に失敗して巨大な借金を残すケースがあります。そういった場合の借金は単純な計算では返すことができないです。だから破産や有効な借金の手段を考えるのです。結果的にも借金で対応できないということはないのが日本です。
色々な出来事を考えるとお金の管理は自分ですることが大事です。そういったことができないと借金をする流れに行き着きます。重要になっているのが無駄な出費をしないで貯金に関心を持つことです。
最終的には借金を上手くコントロールしていくこともできます。ある程度の借金を認めてそこから普通に生活するのが良いです。それなら着実に返金できて楽な感覚になれます。
コントロールするのはお金と生活の部分になります。借金を意識して管理すれば自分のペースで生活もできます。

2015/06/19 14:55:19 |

借金というのは中々に人には言えない感じで返すまでは辛かった経験があります。とはいっても闇金などではなく有名な消費者金融での借り入れでしたので後ろ暗い感じではありませんでした。ちょっとした生活苦があって借りてみようと思い、消費者金融の申し込みに行きましたが、とにかく驚いたのは審査の早さでしたね。今ではウェブ上で完結できると聞いていましたが、本当に申し込みから審査までは1時間ほどしかかからずにとても驚きました。それからの借り入れがも口座振り込みならば即日融資までできてしまったので、とても便利な半面使いすぎる人も出てくるのだろうなとちょっと怖い思いをしました。ですが変な取り立ても仕事場への連絡もなくてそこは安心しました。
 やはり返済にあたって辛かったのは金利の高さでしたね。借りた値段は20万円ほどでしたが、金利は14%と相当な高さでした。返済計画についてははしっかりと明細がくるためそこは親切でした。追加の借り入れもできますよみたいな広告メールも来て苦笑しましたが、そこは借りずにしっかりと返済をすることにしました。二年ぐらい掛けてやっと返済が終わって今では借金のない身ですが、もう一回借りたいかと思うとそうではないので日々気をつけています。